電子タバコは健康に良い?タバコとの違いを知っておこう!

2020年12月4日 by

電子タバコのリキッドには有害成分がないものもある

普通のタバコは百害あって一利なしとよく言われるようになってきました。有害成分が多数含まれているのが理由で、健康被害との関連性もたくさん見つかってきています。電子タバコも同じタバコという名前が付いているからやはり有害なものだと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、電子タバコには普通のタバコに比べて有害成分が少ないものがたくさんあります。リキッドの中に何が含まれているかは商品ごとに異なりますが、安全性を重視して成分を選んでいるものが大半を占めているのです。有害性が示されている成分を使用しているものもないわけではありません。ただ、普通のタバコのように百害あって一利なしというものはまずないので安心です。

電子タバコは普通のタバコはより安全性が高い

普通のタバコの場合には一酸化炭素やホルムアルデヒド、タールなどの有害成分が出てくることが知られています。しかし、電子タバコの場合にはこのような成分が発生するリスクがないように設計されています。この三つの成分を代表とする有害成分の多くは、タバコを燃やすことによって発生しているのが特徴です。電子タバコではリキッドを燃やすのではなく、揮発させることによって楽しめるようになっています。そのため、健康に対するリスクが高いとされている大半の有害成分が電子タバコには含まれていないのです。電子タバコが普通のタバコよりも安全性が高いと言われているのは、燃やすということを排除した設計になっているからなのです。

日本の電子タバコのリキッドは、ニコチンなどの体に悪い成分が入っていません。ニコチンリキッドを使いたいなら、海外のリキッドを取り扱っているお店で購入しましょう。

エルドアカジノ(eldoah)のメンテナンスはいつ?
ギャンブルチップ